シェアハウスに向いていない人の共通点はこの8つ!

シェアハウスやルームシェアなどの共同生活では、実家暮らしや一人暮らしのときとは異なる問題が多々出てきます。

そこで今回は、入居前に知っておきたい、シェア暮らしに向かない人の特徴をまとめました。

「シェアハウスに入っても、人間関係がよくないせいで毎回すぐに退去しちゃう・・」

そんな方は、もしかしたらシェア暮らしに向いていない可能性があります。

お心当たりのある方は要チェックです!

シェア暮らしに向いていないのはこんな人!

では、さっそくシェアハウスやルームシェアでの共同生活に向いていない人の特徴をご紹介してきます。

今回は、8つの特徴を挙げていきます。

①日常生活の些細な音や人の視線が気になるような神経質な人

いわゆる神経質な人は、他人との共同生活には向きません。

普段から日常生活でちょっとした音が気になってしまったり、常に誰かの目が気になって仕方がなかったりということはありませんか?

そのような方にとって、騒音や人の目を気にする原因となる他人との共同生活は、非常にストレスが溜まってしまいます。

そんな方は、シェアハウスやルームシェアではなく、できれば一人暮らしを検討した方が生活しやすいかもしれません。

②潔癖症気味で、些細な汚れや散らかりも許せない人

ちょっとした汚れがいちいち気になって仕方がないという人や、他人が触ったものを触ることに抵抗がある人など、潔癖性に違いほど綺麗好きな方は、共同生活には向いていません。

たとえ綺麗好き同士であっても、それぞれに掃除のこだわりやルールがある場合には、必ず意見がぶつかってしまうことが予想できます。

その意味では、どうしても崩せない自分独自のルールを持っている人は、ほとんどの場合で他人との共同生活には向いていないと言えます。

③自分の意見を持ってコミュニケーションが取れない人

コミュニケーションを取れることはシェア暮らし以外でももちろん大事なことですが、共同生活をする上では、特に自分の意見を相手に伝えることができるコミュニケーション能力が必要とされます。

常に周りと意見をすり合わせながら、お互いがより生活しやすくするための環境づくりに努める必要があるためです。

ですので、自分よがりではなく、かといって相手に合わせすぎて消耗することなく生活していくためには、自分の意見をはっきりと伝えられない人はシェア暮らしには向いていないと言えるでしょう。

④完全に一人っきりになれる時間が必要な人

シェアハウスやルームシェアの醍醐味と言っても過言ではないのが、自分以外の人と生活を共にすることです。

そこに価値を見出せる人が集まるのがシェア暮らしの基本であり、常に一人の時間が必要だという人にはかなり精神的に辛い生活になることは容易に想像できます。

自分の個室があるからといって、決して一人暮らしのような環境とまではいきませんので、どうしても一人っきりの時間が欲しいという方はシェア暮らしは向いていないと考えた方が無難です。

⑤何でも人任せになりがちな人

これは一人暮らしの場合でも言えることですが、自己管理ができない人はもちろん、責任感のない人は共同生活には向いていません。

シェアハウスやルームシェアでの生活では、協力や助け合いが欠かせません。

それなのに、自分のことまで面倒を見てくれる他人に甘えて何でも人任せになりやすい人は、周りにも迷惑をかけてしまいます。

自分のことはもちろん、他人が困っていたら助けてあげるなど、常に周囲に気を配って行動できる人がシェア暮らしに向いていると言えます。

⑥最低限周りに合わせることもできないほど頑固な人

周りに迷惑をかけているにもかかわらず、自分の生活習慣を絶対に崩したくない人は、シェア暮らしには向いていません。

一人暮らしの場合であれば構いませんが、自分以外の人も生活している環境で、自分のことしか考えられないような頑固な人は当然ですが歓迎されません。

もし指摘されてもそうした行動を続けるようであれば、次第に周りとの関係も悪くなり、最終的には生活そのものが難しくなることも考えられるでしょう。

自覚のある人は要注意です。

⑦金銭面の管理がだらしない人

お金の問題は最も大きなトラブルにつながりやすいです。

特に、他人との共同生活におけるお金のトラブルは、自分だけでなく周りのみんなまで巻き込むことにもなりかねません。

ですので、日頃から何かとお金のトラブルが多い方などは、シェア暮らしでもトラブルになる可能性が大いにあるので、シェアハウスやルームシェアを検討するのであれば、まずは自分のお金の管理の甘さを自覚し改善することから始めることをおすすめします。

⑧他人への思いやりを持った言動ができない人

これは基本中の基本ですが、人として他人を思いやれないような人は、当然ですが他人との共同生活には向いていません。

シェアハウスやルームシェアでは、毎日みんなで協力して生活していく必要があるからです。

もちろん、誰にだって間違いや避けられないトラブルはつきものですが、そんな中でも思いやりを持って行動することができるかどうかで、周りとの関係性も大きく変わってきます。

みんなができるだけよりよく毎日を過ごせるような環境づくりに努めることができる人は、非常に共同生活に向いていると言えますね。

シェア暮らしをして変わった人も!

シェア暮らしがなかなか続かないという人は、人間関係の問題もあるかもしれませんが、中にはそれ以前に他人との共同生活に向いていなかったという人もいます。

自分の性質というものはそう簡単に変わるものではないので、シェア暮らしに憧れていても思い描いていたような生活ができないという人がいることも事実です。

しかしその一方で、他人との共同生活を通して自分の性質や考え方を見直すことができ、シェア暮らしが楽しくなったという人も中にはいます。

ですので、シェアハウスやルームシェアにこれまで入居した経験がある方で、何度も退去を経験しているという方も、諦めずに一度冷静に共同生活に向いていない部分を改善できないかどうか考えてみてはいかがでしょう。

まとめ

さて、今回はシェアハウスやルームシェアなどの共同生活に向いていない人の特徴についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

思い当たる節があった方は、ぜひこれから少しずつ見直す機会を作ってみると良いかもしれませんね。

最後に、もし人間関係の他にも他人との共同生活に不安や悩みがある方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談くださいね。

私たちも皆さんと一緒に、快適にシェア暮らしを楽しんでもらうためのアイデアを考えます。

ご相談、お待ちしております!




    コンセプト型シェアハウスを自分で作ってみたい興味があるので情報があったら受け取りたい空き部屋・空き家をシェアハウスに活用してほしい



    1959年以前1960~1964年1965~1969年1970~1974年1975~1979年1980~1981年1982年以降









    1959年以前1960~1964年1965~1969年1970~1974年1975~1979年1980~1981年1982年以降


    ※フォームの入力を終えましたら下記の「確認」に
    チェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

    確認

    オトナ女子限定のコンセプト型シェアハウスについてもっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

    オトナ女子のコンセプト型シェアハウスとは