パンダのシャンシャンに会いに行こう!ひとり上野動物園のススメ

パンダのシャンシャンをはじめ、可愛い動物たちがいっぱいの上野動物園。動物園といえばここ!というメジャーな動物園だけあって、おひとり様も多いので、ひとり動物園デビューにもぴったりです。

上野動物園は敷地が広く、動物の数も多いため、ひとりで行っても1日があっという間。都心にありながら緑が多く、園内を散策するとリフレッシュ効果バツグン。入園料はたったの600円なので、コスパもばっちりです!

この記事では、上野動物園の見どころやより楽しむためのコツをたっぷりご紹介します。

実物もやっぱり可愛い!パンダのシャンシャンに胸キュン

出典:上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」

上野動物園といえばやっぱりパンダ!特に2017年に生まれたシャンシャンは、その愛くるしい姿や仕草から、すっかり上野のアイドルに。ニュースなどでも成長の様子が話題になっていましたよね。

パンダファンの間でも「特に可愛い」と話題騒然。全国各地から何度も遠征して、シャンシャンに会いに行くファンもたくさんいます。実際、動物園ではパンダ観覧のために長蛇の列ができていました。

私はあまりの人気ぶりに圧倒されてしまい、落ち着いたころに見に行くと、実物は写真や動画で見るよりも遥かに可愛かったです…!ごろんと寝転がっていて、ちょっと顔が見えにくかったのですが、丸っこいフォルムがたまりません。ときどきもぞもぞ動くのも愛らしい…。熱烈なファンの気持ちがよく分かります。

出典:上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」

上野動物園では、シャンシャンの他に、お父さんのリーリーとお母さんのシンシンも暮らしています。ちょっとおっちょこちょいなリーリーと、食いしん坊なシンシン、それぞれ個性が違ってじっくり観察すると面白いです。

2020年9月8日には、パンダと野生のパンダの生息地に暮らす動物を展示する「パンダのもり」がオープン。パンダのふるさと・中国の四川省の自然を再現しており、木々や岩、水場を設置。森の中で暮らす、野生に近いパンダの姿を見られます。パンダ以外にも、レッサーパンダやキジも見られるそうですよ。正直、早く行きたくてそわそわしています(笑)。

また、上野動物園には、ぬいぐるみや文房具など、オリジナルのシャンシャングッズがたくさんあるので、そちらも見逃せません。

パンダはとにかく人気なので、観覧方法が状況に応じて変更になる場合もあります。事前にホームページなどで、最新の情報をチェックするのをおすすめします。見るためのハードルは高めですが、その価値ありの可愛さなので、上野動物園に行く際には、ぜひ3頭のパンダに会いにいきましょう!

迫力満点!クマやホッキョクグマを間近で見られる

クマやホッキョクグマを間近で見られる展示も必見!「クマたちの丘」では、マレーグマやニホンツキノワグマ、ヒグマなどを展示。それぞれの生息地に合わせて、熱帯から寒帯まで自然を再現しており、のびのび暮らす様子が見られます。

家でごろごろしている人みたいな雰囲気を醸し出すマレーグマ、可愛らしいツキノワグマ、野生のすごみを感じさせるヒグマと、クマといっても種類によって全く感じが違います。見比べるととっても面白いですよ。私は初めて来たときに、ヒグマの目つきの鋭さにめちゃくちゃビビりました…。

ちなみに、冬眠するクマの姿を観察できるブースを設けている、数少ない施設でもあります。冬に上野動物園に行ったときは、チェックしてみましょう!

クマたちを見たら、近くにある「ホッキョクグマとアザラシの海」にも立ち寄るのがおすすめ。水中をダイナミックに泳ぐホッキョクグマを観察できる場所があり、迫力満点の姿を楽しめます。間近で見るととにかく大きい!一度、ホッキョクグマがアクリル越しに手を伸ばしてきたので、自分の手と比べてみたのですが、その大きさに圧倒されました…。

すぐそばには、アザラシやアシカといった北極圏に住む動物たちも展示。のんびり泳ぐ可愛らしい姿に癒されます。

約350種の動物たちを展示!上野動物園を回るコツとは

上野動物園には、パンダやクマ以外にも、ゾウやキリン、ゴリラ、カワウソ、プレーリードックなど、さまざまな動物が暮らしており、その数なんと約350種・2500点!そんな上野動物園を満喫するコツをご紹介します。

(1)見る動物を絞る&見る順番を決めておく

上野動物園には非常に多くの動物が展示されており、とてもじゃないけれど、1日では回り切れません…!敷地も広いので、ランダムに回ると時間がかかり過ぎ、歩き疲れてしまいます。

事前にホームページをチェックして、見たい動物を絞り、おおまかに回る順番を決めておきましょう。そうすることにより、スムーズに回れるので、よりたくさんの動物たちに出会えます。

(2)平日の午前中がおすすめ

上野動物園は人気のスポットなので、土日祝日はどうしても混雑しがちに…。特に夏休みや冬休み、春休みは親子連れが多いため、ちょっと落ち着かないことも…。

平日、特に午前中は人出が少なめなのでゆっくりと見られます。じっくり観察したい、写真を撮りたいという人は、だんぜん平日がおすすめです。

(3)靴は履きなれたスニーカーで

お目当ての動物の展示を回っていると、想像以上に長距離を歩くことになります。ガンガン歩くために、靴は履きなれたスニーカーがおすすめ。正直ヒールのある靴だと、ちょっときついかと思います…。

終わりに

上野動物は何度行っても楽しい、動物好きにはたまらないスポットです。今度のお休みは、ぜひ可愛い動物たちに会いに行ってみてはいかがでしょうか。