日本三大ブルーベリー産地つくばで農園とジャムづくりを見学してきた

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c7e25f3a88f702710336ef5d19fd99c0.jpg
高田川

本日は茨城県つくば市にある「つくばブルーベリー園」さんを訪問して、農園とジャムづくりを見学してきましたよ

茨城県つくば市は日本三大ブルーベリー産地の一つ。

ブルーベリー栽培に有効とされる「ピートモス」と呼ばれる土壌改良材。こちらの使用を市で支援したことから、日本有数の産地となったみたいですね。

今は時期ではないので果樹の摘み取りはできないけれど、ブルーベリージャムづくりの見学はできるということで行ってみることにした次第です。

ブルーベリーの品種は、全部でなんと400種類
園の代表、渡辺さんが品種ごとの特性を説明してくださいました。
中には五百円玉ほどの大粒になる品種もあるのだとか。

そのうち「つくばブルーベリー園」さんでは、日本の気候にあったもの、おいしいものを厳選して、30種ほどを生産しているそうです。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/aabf33d9b93920de1d5625f4ee064180.jpg
高田川

品種全てが
おいしいわけではないみたい

こちらは植えたばかりの苗木。

ブルーベリーは育成に4年かかるそうです。
流通されているのは長い努力の結果なんですね。

ブルーベリーのお花。あと1ヶ月くらい経ったら、熟しておいしいブルーベリーになるそうです。

渡辺さんはブルーベリー作りにも、私に対しても丁寧でとても優しい方でした。

ブルーペリー作りは、とにかく研究とニーズ調査の連続と言います。
「お客様あってのブルーペリーですから」と微笑みながらお話くださいました。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/5a92adf4e4ee13f290dbfafdd589b0cc.jpg
高田川

どんなお仕事にも通ずる考え方ですね。
勉強になります。

ブルーベリージャムづくりの見学

その後にブルーベリージャムづくりを見学させていただきました。

ジャム作りは、収穫された冷凍ブルーベリーを使いました。

「丸々実を使うため、ジャムこそいい実を使わないといけない」
園の代表渡辺さんは言います。

加工するので、どんなジャムでもいいと誤解されがちのようですね。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/5a92adf4e4ee13f290dbfafdd589b0cc.jpg
高田川

ごまかしは効かないということね

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c4f42cb1fcc3420a6dd7e26308d8a92d.jpg
玉ノ井

誰かの若作りと一緒ね

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/aabf33d9b93920de1d5625f4ee064180.jpg
高田川

誰よ

ブルーベリーを火にかけます。

この日は500gのブルーベリーを使用しました。
使うお砂糖の基準は糖度30%とのことで、それに合う量のお砂糖を図ります。

お砂糖は一気に入れません。
糖度をチェックしながら2~3回に分けて入れていくようです。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/5a92adf4e4ee13f290dbfafdd589b0cc.jpg
高田川

足すことができても減らすことはできないから
注意しないとね

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c4f42cb1fcc3420a6dd7e26308d8a92d.jpg
玉ノ井

年齢と一緒・・

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/5090579fade475e30e14d38f4c13f815.jpg
高田川

しくしく

しばらくすると、いい匂い♪
早くもおいしそうです!

酸味を加えるために、渡辺流では梅ジュースを使われていました。

スーパーで売っているブルーベリージャムにはペクチンなどの酸味料がだいたい入っています。
つくばブルーベリー園さんでは素材の味を生かすために、添加物は一切使わないようにしているようです。

完成で~す。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c7e25f3a88f702710336ef5d19fd99c0.jpg
高田川

明日からの朝食が楽しみだわ~

また、渡辺さんのところでは「ルバーブジャム」という、別の種類のジャムも作っています。こんな色のブルーベリーもあるんですね!?

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/5090579fade475e30e14d38f4c13f815.jpg
高田川

これ、めちゃくちゃおいしかった!
初めて食べたけど、ジャムというより甘酸っぱいデザートみたい!

そのままジャムだけで全部食べれちゃいそうでした。

これがルバーブの茎。
通常のブルーベリーは実を使いますが、 ルバーブは茎を使うみたいです。

ルバーブのパイづくり体験もできるようなので、今度行く機会あったらブルーベリーの摘み取りと体験を合わせて行うのもよさそうですね。

みなさんもご興味ありましたらぜひ参加してみてください 。

ブルーベリー園見学の後に温泉へ

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c7e25f3a88f702710336ef5d19fd99c0.jpg
高田川

体動かしたら温泉に入りたくなってきたので
温泉行ってきちゃった。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c4f42cb1fcc3420a6dd7e26308d8a92d.jpg
玉ノ井

ジャムづくりは
見てただけでは

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/aabf33d9b93920de1d5625f4ee064180.jpg
高田川

移動があるから
疲れるの

茨城県つくば市には、筑波山中腹に温泉郷があるのです。

上の写真は、「筑波温泉ホテル」さんの露天風呂。

日本百景の一つでもある筑波山の温泉だけに、登山客にも相当人気が高いそうです。

こちらは「筑波山ホテル青木屋」さん。

すばらしい景色ですね!
つくば市一帯が見渡せる絶景です。

登山の後に温泉行くのがおすすめと思いましたが、女性はお化粧とか髪を乾かす手間があるので面倒って声も聞きました。

そんな方には足湯ではいかがでしょうか。
こちらは「筑波山 江戸屋」さん。

足湯に浸かりながらコーヒーとケーキをいただけるカフェになっています。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c7e25f3a88f702710336ef5d19fd99c0.jpg
高田川

水のせせらぎと森林浴も楽しめる
ステキなスポットだったわ。

以上、茨城県つくば市にあるブルーベリー農園とジャムづくり見学、そして温泉でした。

つくば市はつくばエクスプレスを使えば東京秋葉原から特急を使えば30分ほどで行くことができます。農業体験や田舎体験ができるメニューがたくさん用意されているので、日帰りで自然にふれたい方にはおすすめのエリアですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です