雑穀の収穫と脱穀を体験して学んだこと

高田川
高田川

10月9日はふたたび山梨県上野原市の里山、
西原に行ってきました。

この日は「西原ふるさと祭り」という年に一度の大きなお祭りがあったんです。

せっかくの休みだから何かないかな~と思ってたところ、お祭りの情報をGET!そこでバババッと企画を考えて、イベントを実施した次第でした。

1週間前の告知にも関わらず、4名のみなさんが参加してくれましたよ。

写真はお祭り参加の後に行った、雑穀の収穫体験の様子。

みなさん、とってもステキな方々でした!

西原ふるさと祭り

6時半過ぎに集合して、東京から車で向かうこと約3時間半。

西原に到着すると、早速始まっていました。

人たくさん!

こちらは地元の甲斐之国上野原三頭太鼓。

祭りの中でも興味深かったのが、市の無形文化財の「藤尾獅子舞」という伝統芸能です。

お面をつけた方々が次々と現れ、とっても賑やか!

不思議なお面をつけているのは地元の方のようで、観覧席からも「○○ちゃん、がんばれ!」などの声が笑い声と共に飛び交っていました。

高田川
高田川

演目の合間にはなぜか
お面のまま観覧席で待機。

玉ノ井
玉ノ井

シュールな絵

マジメに舞台を眺めている様子は、どこか可笑しかったです。

珍味!猪肉を堪能しました

別の広場では、地元の食材を使った出店が並んでおりました。

右手のお店では、雑穀等を使った色んな種類のまんじゅうが売られていました。

高田川
高田川

どことなく
素朴な味でしたよ。

玉ノ井
玉ノ井

しっかり食べてた

こちらは猪肉コーナー。

田舎に住む方々から、絶品との話を常々聞いていた猪のお肉。
とうとう目の当たりにしました。

料理屋で出されているイノシシ鍋は罠で獲ったイノシシを使っていることが多く、時間が経っていることから味が落ちてしまっているそうです。

高田川
高田川

猪を食べるなら漁師さんが
直接獲ってきたものが新鮮で一番!

こちらでは漁師さんが獲ってきたイノシシを使っているとのことで、頂いてみました。どんな味かな~?

高田川
高田川

臭みがあるイメージだったけど、
むしろあっさりとしてたわ

なかなかおいしかったですよ。

我々が東京から来たということで、なんと猪のスペアリブをサービスで頂いちゃいました!

岩前田
岩前田

おっちゃん、ありがとう。

地域の人々の温もりにふれながら、お祭りを堪能しました。

西原の町おこしの一環で開催されるようになって20年経つらしいですが、変わらずいつまでも続いてほしいものですね。

そんなこんなでお祭り会場を後にし、我々は雑穀の体験へ向かったのでした。

地域を温ねて、新しきを知る

西原には雑穀の先生がいらっしゃるとのこと。

その話を聞きつけ、お祭りの後には雑穀づくり体験を組んでみました。

最近は栄養価が高いと見直されている雑穀さんですが、どうやって作っているのか私は全く知りませんでした。

トラックに積まれた見慣れない物体に、みなさんも興味深々。

初めは「たかきび」と呼ばれる雑穀の収穫を体験させていただきました。
乾燥にとても強く、米や小麦などが育たないところでも作れる雑穀です。

高田川
高田川

この地域では米は作っていないようです。
昔から代わりに作られてきたのでしょうね。

収穫に手間もかからないそうですが鳥などの被害を受けやすいため、ネットがかかっています。

今回お世話になった雑穀の先生、中川さんにポイントを教わっている様子です。

中川さんは体験の私たちに対しても、作業の姿勢について厳しい方でした。

目先のことだけではなく、どんな作業も必ず一歩先のことを考えながら作業を進めなさい!

繰り返しいただいたこの言葉は、自分の仕事や生活に置き換えることもできるメッセージですね。

高田川
高田川

体験イベントでは珍しく厳しい人だったけど、
むしろ本当の田舎体験となって有難かったわ

ハサミで切った「たかきび」はカゴへ。

収穫は無心になれて、なかなか楽しくなってきました。

こちらは収穫を終えた「たかきび」

まとまるとなんだか迫力があります。

続いて雑穀のまとめ方を学びます。

高田川
高田川

ちゃんとできてるか見比べあってる笑


みなさんいい笑顔です。

最後は手作業による脱穀の様子。
大量ですと脱穀機を使うのが一般的ですが、少ない量でしたらこのような手作業でもいいようです。

高田川
高田川

みんなで必死に叩きました。

フルイを使って選別。
葉やゴミなど余計なものを落とします。

高田川
高田川

こんな感じで雑穀の収穫・脱穀・選別を体験しました。
育てやすい作物ですが、食べるまでは大変なのですね。

体験終了後、おやつタイム

体験後には先生の自宅で休憩。
トウモロコシをおやつとして頂きましたよ。

このトウモロコシ、わたし達が知っているトウモロコシとは少し違います。
比較的水分が少なく、お豆のようなとても食べ応えのあるものでした。

高田川
高田川

お店で売られている物って
ほんの一部なのね。

都内だけで生きているとわからないことが本当にたくさんあります。
この日の体験フェスティバルも様々なことを学びました。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

一緒にお祭りやイベントに行く仲間がいるシェアハウスに住んでみませんか?

当サイト「オーダーメイト」は、40歳以上のオトナ女子によるコンセプト型シェアハウスを紹介するサイトです。共通の趣味や同じ世代で集まっているシェアハウスを探すことができたり、自ら好きなコンセプトでシェアハウスを開業したい方のサポートを行っています。

玉ノ井
玉ノ井

一人は気楽だけど、お祭りごとを誰かと一緒に楽しめたらいいなって感じることはあるよね

一人だと行きにくいから、お祭りに一緒に行ける仲間がいると楽しそう

高田川

共通の趣味や世代で集まるコンセプト型シェアハウスに興味のある方は、ぜひ下記問い合わせフォームよりお知らせください。新着のシェアハウス情報やイベント等のお知らせをご案内してまいります。

お問い合わせ




    コンセプト型シェアハウスを自分で作ってみたい興味があるので情報があったら受け取りたい空き部屋・空き家をシェアハウスに活用してほしい



    1959年以前1960~1964年1965~1969年1970~1974年1975~1979年1980~1981年1982年以降









    1959年以前1960~1964年1965~1969年1970~1974年1975~1979年1980~1981年1982年以降


    ※フォームの入力を終えましたら下記の「確認」に
    チェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

    確認

    オトナ女子限定のコンセプト型シェアハウスについてもっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

    オトナ女子のコンセプト型シェアハウスとは

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。