パリへの旅行気分に浸れる映画「新しい靴を買わなくちゃ」(ネタバレ感想あり)

寒いと感じる日が少なくなってきて、いつもの連休だったら日本中がちょっとワクワクするこの季節。ここに合わせて旅行を計画していた人も多かったのではないでしょうか?楽しみにしていた旅行に行けない今、おうちでのんびり映画を見て、気分だけでも味わってみませんか。

見たらお酒を飲みたくなって、見終わった後にはどこかに出かけるための靴が欲しくなる…

高田川

玉ノ井
玉ノ井

今回はそんな映画「新しい靴を買わなくちゃ」の見どころを紹介するよ

「新しい靴を買わなくちゃ」あらすじ

妹の鈴愛(すずめ・桐谷美玲)の“大勝負”のために、パリに同行させられた兄のカメラマンの千(せん・向井理)。パリに着くやいなや、鈴愛から別行動を告げられた千は、セーヌ川のほとりで置き去りにされてしまいます。

そんなときに出会ったのが、現地でフリーペーパーの編集をしているアオイ(中山美穂)でした。鈴愛と連絡が取れないため、宿泊するホテルの名前すらわからず、途方に暮れる千でしたが、そんな彼を救ったのはアオイでした。

アオイの過去、仕事に対する葛藤、そして揺れ動く感情…たった3日の滞在の中で、千は、アオイは、そして鈴愛はなにを思うのでしょうか。

「新しい靴を買わなくちゃ」見どころ

現地のパリの空気感

この物語は、千と鈴愛がパリの空港に降り立つところから始まります。海外に行ったことがある人ならわかると思うのですが、到着ゲートを出て初めて現地の空気に触れたとき、これから始まる旅への期待なのか、それとも異国の地に対する不安なのかわからない高揚感が、わたしはとても好きです。

この映画ではそんな冒頭のシーンを皮切りに、アオイがフランス語を話したり、千が英語で会話したり、パリに行ったら必ず遭遇するであろう場面が多く登場します。

玉ノ井
玉ノ井

絶妙なカメラワークで、自分が実際に第三者としてそこにいるかのような目線で見ることができるよ

フランス語に限らずですが、現地で現地の言葉を聞くのは至極当たり前のこと。海外旅行に行ったら、できる限り英語で話すのも当たり前かもしれません。

しかし、この作品の雰囲気をつくっているのは実際のフランスの景色だけではなく、もしかしたら“言葉”なのかもしれない、と考えるほどこの映画を見ていると、そんな当たり前なことも新鮮に感じることができます。

目で楽しめるパリの食事

旅行での楽しみといったらその土地の食事を楽しむことだよね

片男波

きらびやかなレストランや、夜景を見下ろすことのできるルーフトップバーなど、事前に調べるだけでも旅へのモチベーションは上がるわ

高田川

この作品では、食事のシーンが多く盛り込まれています。

しかし、その多くはレストランやバーなどではなく、アオイの自宅でのことが大半です。

玉ノ井
玉ノ井

ふたりで摂るパンと卵の朝食、深まる夜のお供の赤ワイン、アオイの友人のジョアンヌと一緒に作るキッシュなど、特別ではないのにとても豊かに描かれているよ

そしてそう見えるのはきっと、現地で暮らすアオイが普段口にしているものだからではないでしょうか。

わたしも現地に住む友人にローカルの食事をご馳走してもらったことがあります。ガイドブックにも載っていないその食事は、友人からしたら“普通”なのでしょう。しかしわたしにとってはその普通が、ひとり旅の不安やさみしさを和らげてくれる、あたたかいものでもありました。

パリでいきなり放置され、ひとりになった千にとってその食事はどう感じたのか。また、アオイにとってはどうだったのか。もし、千がアオイと出会わなかったらどんな食事を摂っていたのかを自分と重ねて考えてしまいます。

日本人ならではのぎこちなさ

海外旅行先で日本人に出会ったことはある?

高田川

観光地であれば、周りから日本語が聞こえてくることはけっこうあるね

片男波

一緒に食事しに行くまで親しくなったことはあるでしょうか?これは人にもよりますが、どこかよそよそしさを残したままお別れする方が多いのではないでしょうか。決してそれが悪いというわけではなく、日本人らしいな、と思うのです。実際に千とアオイも、作品を通して終始よそよそしさを感じます。

そのことをよく実感することができるのが、千がジョアンヌと会話するシーンです。日本人同士、日本語でアオイと会話するよりも、非ネイティブ同士のふたりが英語で会話するシーンの方がなぜか自然に見えるのです。アオイが年上ということもありますが、こういった部分が、ハイコンテクストな日本人の気質や文化を表していて個人的にはとても印象に残りました。

人物の掛け合いの描写がとても丁寧でリアルなので、見終わった後に、お互いが旅行者だったら、もしくは現地に住んでいる者同士だったら、と考えさせられるところが多くありました。旅行中に感じた、人との関係は出会った状況と、お互いの環境に左右されるということを改めて実感する作品です。

まとめ

まるで自分もパリにいるかのような気分にしてくれるこの作品

片男波

また自由に旅行ができるようになったら、ぜひ訪れてみたくなったわ

高田川

きっと、実際に行ったら印象は違ってくるのだろうけど、それも含めて千とアオイの見た景色をこの目で見たくなること間違いなしです。

玉ノ井
玉ノ井

千ような旅行者の目線からも、アオイのような海外在住者の目線からも、どちらから見ても楽しめるのがこの作品の魅力だよ

見ていると、片手にお酒が欲しくなりますので、ぜひご準備の上ゆっくりご鑑賞くださいませ。

仲間と一緒に映画を楽しむシェアハウスに住んでみませんか?

当サイト「オーダーメイト」は、40歳以上のオトナ女子によるコンセプト型シェアハウスを紹介するサイトです。共通の趣味や同じ世代で集まっているシェアハウスを探すことができたり、自ら好きなコンセプトでシェアハウスを開業したい方のサポートを行っています。

一緒に映画を見た後に感想を語り合えるような仲間がいたら楽しそうね

高田川

映画好きが集まるコンセプト型シェアハウスに興味のある方は、ぜひ下記問い合わせフォームよりお知らせください。新着のシェアハウス情報やイベント等のお知らせをご案内してまいります。

お問い合わせ




    コンセプト型シェアハウスを自分で作ってみたい興味があるので情報があったら受け取りたい空き部屋・空き家をシェアハウスに活用してほしい



    1959年以前1960~1964年1965~1969年1970~1974年1975~1979年1980~1981年1982年以降









    1959年以前1960~1964年1965~1969年1970~1974年1975~1979年1980~1981年1982年以降


    ※フォームの入力を終えましたら下記の「確認」に
    チェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

    確認

    オトナ女子限定のコンセプト型シェアハウスについてもっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

    オトナ女子のコンセプト型シェアハウスとは