劇場版名探偵コナン2作目「14番目の標的」のネタバレ感想と動画配信情報

今回紹介する「14番目の標的(ターゲット)」は1998年に公開された劇場版コナンの第2作目です。

“次に狙われるのはだれだ!?”というキャッチコピー通り、次々と起こる殺人事件にハラハラするとともに、繊細に作り込まれたストーリーの内容にファンも多い作品だね

片男波

推理、アクション、ラブコメ、親子愛…と見所も多く大人でも楽しめるわ

高田川

玉ノ井
玉ノ井

お家でゆっくり過ごす時間にコナンとともに名探偵気分になって推理しながら楽しむのはいかがでしょうか?

「14番目の標的」あらすじ

劇場版 名探偵コナン 14番目の標的を視聴する

名探偵、毛利小五郎に関係があり名前に数字が入った人が次々と襲われる事件が発生します。そして現場には死の意味を持つ“スペード”のトランプがいつも奇妙に残されているのです。

さらにそのトランプの数字が13からカウントダウンしている事に気がついたコナン。警察は小五郎に恨みを持つ者の犯行だと推理します。

その人物に10年前、小五郎が警察官だったころ殺人事件で逮捕し最近出所したばかりの“ジョーカー”の異名を持つ村上丈が容疑者にあがります。

トランプになぞらえた犯行は止まることなく続き、事件の真相を追うためにコナンたちは海の上に設置された娯楽施設(アクアクリスタル)に向かうのですが、そこでは新たなる殺人計画が実行されようとしていました。

犯人は本当に村上丈なのか?

タイトルの14番目とは誰なのか!?

玉ノ井
玉ノ井

衝撃のラストから目が離せませんよ

タイトルの意味が分かった時、作り込まれた世界観に引き込まれるね

片男波

参考 今すぐ劇場版名探偵コナン「14番目の標的」を無料トライアルで視聴するU-NEXT

「14番目の標的」見所紹介!

スリリングな展開

この映画の1番の見所はなんと言ってもトランプの数字に見立てて登場人物が次々に狙われていくスリル!

止まることなく規則的な犯行が続いていくという奇妙さに冒頭から心を掴まれます。

さらにラストのトランプ“A”は主人公の工藤新一(コナン)という展開も面白く、最初から最後まで目が離せない作品となっています。

玉ノ井
玉ノ井

タイトルに既に伏線がはられているのもポイント

トランプは13枚なのに、14番目に標的になる人物は誰なのか気になるわよね

高田川

ラストで華麗に伏線回収されるよ!

片男波

観終わった後に「そういうことだったのか」と思わずうなりたくなるストーリーとなっています。

コナンのスーパーボーイっぷり!

コナンの映画でアクションは欠かせない要素になっています。

この映画でももれなく大胆なアクションシーンがありますよ。

それはなんとヘリコプターの操縦!

高田川

犯人に狙われているヘリコプターの操縦者がいつも使用している目薬に薬を入れられ、上空で操縦困難に陥れられます。

しかしヘリコプターに同乗していたコナンがすぐに操縦を代わり、近くの小学校に着陸させるスーパーボーイぶりを発揮するんだ

片男波

さらに、犯人に蘭が人質にとられた際には見事な拳銃の腕前を披露するなど、子どもでは考えられないアクションは手に汗握るシーンとなっています。

玉ノ井
玉ノ井

ヘリの操縦も拳銃も「ガキの頃、ハワイで親父に教わったんだ」と言うコナンに「今だってガキじゃねぇか!」という尤もな小五郎の返しは秀逸でクスッとするね

コナン史上初のキスシーン

新一と蘭のラブストーリーも見所のひとつ。

アクアクリスタルが犯人によって爆破され、中に水が流れ込み沈んでいきます。全員泳いでの脱出を試みるのですが、蘭は足が車にひっかかり水の中で動くことができず気を失います。

誰よりも早く蘭がいないことに気がついたコナンはペットボトルに空気を入れて助けに行き、蘭は意識を取り戻します。車をなんとかして動かそうとするのですが、今度はコナンまで車に足が挟まれ気を失います。

そんなコナンに今度は蘭が口移しで息を送ります。

名探偵コナン史上初のキスシーンとして人気の高い見所ポイントだよ

片男波

優しさと愛で溢れるこのシーンはキュンとすること間違いなし!

高田川

玉ノ井
玉ノ井

無事に助かったあと蘭の顔を見て顔を赤らめるコナンも可愛いね

蘭の心の揺れ動き

小五郎は10年前に村上丈を逮捕した時に、蘭と一緒に小五郎を迎えに来た妻(英理)を一瞬の隙きを見せた際に犯人に人質にとられます。

拳銃の腕に自信が会った小五郎は犯人に向けて発砲するのですが妻の脚に弾が当たってしまうのです。犯人は逮捕できたものの、発砲が問題となり小五郎は警察官を辞め探偵になりました。

過去のこの事件を耳にした蘭は、両親が現在別居に至っている理由がこれだと思い込み、小五郎に対して不信感を抱くようになります。

しかし全く同じシチュエーションがラストで再び訪れるんだよね

片男波

今度は蘭が犯人の人質に。

そしてコナンが拳銃を向け発砲し蘭の脚をかすめます。

実はこれには大きな理由があったのよね

高田川

自分が撃たれた事で、小五郎が英理を撃った意味が分かった蘭は小五郎への信頼を取り戻します。

玉ノ井
玉ノ井

蘭自らが思い悩みながら“真実”にたどり着くまでの心の揺れ動きが細かく丁寧に描かれていて、ハッピーエンドの結末には心があたたかくなるよ

それでは小五郎と英理が別居に至った理由となんだと思いますか?

エンドロールのあとの一コマでその理由が判明するのですが、シンプルかつ衝撃の理由には笑ってしまいます。

参考 今すぐ劇場版名探偵コナン「14番目の標的」を無料トライアルで視聴するU-NEXT

感想(ネタバレあり)

冒頭から村上丈が犯人として話が進んでいきますが、これはミスリードで犯人は沢木公平という小五郎の友人のワインソムリエです。

この沢木公平自信、“公”の字に数字の八が入っているため犯人に襲われるシーンがあるのですが、全部自作自演だったという展開には驚きました。

予想を大きく裏切る展開が面白くハラハラしながら見てしまいます。

彼は自分を味覚障害に陥れた4人の人物を恨み殺人計画を立てます。

4人の名前にそれぞれ数字が入っている事に気がつき、カモフラージュのために小五郎のまわりの人間も巻き込む作戦を思いつき実行していくのです。

そして14番目のターゲットになったのは名前に数字をもたない“蘭”

蘭の脚をコナンが拳銃でかすめたことによって標的になったという意味です。

小五郎然りコナン然り、人質になっている人の脚を狙う理由は人質を立てなくさせることが目的。

これは一緒に行動できない人質は犯人にとってただの足手まといでしかなく、犯人に隙ができるからなのです。

玉ノ井
玉ノ井

理由が分かると愛する人を守るために心を鬼にして拳銃をむけた、小五郎とコナンが本当にかっこよく見えるよ

蘭と小五郎の親子愛にもじんわり心が震えるわ

高田川

そして、気になる小五郎と英理が別居した真相は“英理が作るご飯がまずいから”。

スリリングな展開から急にゆるい現実味を帯びたこの理由に、思わず笑っちゃう

片男波

テンポよくストーリーが進んでいき、なおかつ作り込まれているので観た後かなりの充実感を味わえますよ。

大人も十分楽しめるオススメの作品です。

まとめ

「14番目の標的」は劇場版コナンシリーズの中でもストーリーが圧倒的に面白く人気の作品です。

玉ノ井
玉ノ井

この機会に非日常的なアニメの世界に入り込みじっくり楽しんでみてはいかがでしょうか

ハッピーエンドに心があたたかくなるとともに、見事な伏線回収に爽快感も味わえますよ。

アニメ好きが集まるシェアハウスに住んでみませんか?

当サイト「オーダーメイト」は、40歳以上のオトナ女子によるコンセプト型シェアハウスを紹介するサイトです。共通の趣味や同じ世代で集まっているシェアハウスを探すことができたり、自ら好きなコンセプトでシェアハウスを開業したい方のサポートを行っています。

一緒にアニメを見ながら語り合えるような仲間がいたら楽しそうね

高田川

コナン等のアニメが好きな友達が集まるコンセプトシェアハウスに興味のある方は、ぜひ下記問い合わせフォームよりお知らせください。新着のシェアハウス情報やイベント等のお知らせをご案内してまいります。

お問い合わせ




    コンセプト型シェアハウスを自分で作ってみたい興味があるので情報があったら受け取りたい空き部屋・空き家をシェアハウスに活用してほしい



    1959年以前1960~1964年1965~1969年1970~1974年1975~1979年1980~1981年1982年以降









    1959年以前1960~1964年1965~1969年1970~1974年1975~1979年1980~1981年1982年以降


    ※フォームの入力を終えましたら下記の「確認」に
    チェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

    確認

    オトナ女子限定のコンセプト型シェアハウスについてもっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

    オトナ女子のコンセプト型シェアハウスとは