世界一美しいマクドナルドと世界一豪華なカフェを調べてきた inブダペスト

世界一豪華なカフェと世界一美しいマクドナルドがハンガリーにあるらしい。

ハンガリーへ行ったことがある方からそう伝え聞いた私は、ハンガリー到着後一つ目の目的地として目指すことにしました。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c7e25f3a88f702710336ef5d19fd99c0.jpg
高田川

世界一とは気になるわ~。楽しみ。

世界一豪華なニューヨークカフェへ

まずは世界一豪華なカフェと呼ばれるニューヨークカフェで朝食を食べようと出かけてみました。

地下鉄2号線ブラハ・ルイザ・テール( BlahaLujza tér )駅に到着。

繁華街ではなさそうな静かで落ち着いたエリアでした。

お店へ入る前に日本円とフォリントを交換。
駅からカフェの道中に換金所がありました。

そんな中で目的地のカフェをすぐ近くで発見しました。高級ホテルニューヨーク・パレスの建物1階が世界一豪華とのニューヨークカフェです。

建物からしてすごい存在感。これは期待できそうです。

いざ店内へ

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/aabf33d9b93920de1d5625f4ee064180.jpg
高田川

なにこれ!

店に入って圧倒されました。驚きの豪華さです。

写真は店内中央の様子。下の階はブッフェ会場。

天井の壁画が荘厳でした。まるで王宮にある装飾のよう。

奥はホテルに繋がっているようです。建物全体がとても豪奢なつくり。さすが世界一と言われるだけありますね。有名であるわけです。

窓際の各テーブルはいっぱいで、入口付近には20名くらいの行列ができていました。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/aabf33d9b93920de1d5625f4ee064180.jpg
高田川

けっこう待つかなあと思ったら、それほど待たずに入れちゃった。他の人は団体だったせい?

私が入ったのは10時から11時くらいだったと思いますが、並ばずに入れたのは運がよかったかも。人の多そうな時間帯に行く方は予約しておいた方がよいと思います。

なんでハンガリーにニューヨーク?

ニューヨークカフェができたのは1894年。なんでハンガリーなのにニューヨーク?と思いましたが、当時アメリカの企業が進出して建てた建物のようです。その後所有者が変わり修復を経て現在の形に再オープンしたそう。

文芸誌の編集部がおかれていたこともあり、かつては芸術家や著名人たちのたまり場ともなっていたようです。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c4f42cb1fcc3420a6dd7e26308d8a92d.jpg
玉ノ井

今は観光客のたまり場・・

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/dea8550097c3da79a7f9f18110899c4b.jpg
高田川

その通り笑。
だけどそのおかげで私のような庶民もひとりで入れる雰囲気だったわ。

カフェの客層について

奥の席はどことなく着飾った方が多かった印象ですが

私が通されたエリアは観光客の方が多そうでした。

私と同じく日本人のおひとり様が1名、今やどこにでもいる中国からの団体さんが2組、ヨーロッパ圏と思われる女性2人組くらい。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/5a92adf4e4ee13f290dbfafdd589b0cc.jpg
高田川

予約していない人たちはこっちなのかな?

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c4f42cb1fcc3420a6dd7e26308d8a92d.jpg
玉ノ井

身なりを見て、客を振り分けてたりして

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/aabf33d9b93920de1d5625f4ee064180.jpg
高田川

!!

ニューヨークカフェの食事

せっかく世界一豪華なカフェに来たのですから奮発して食べましょう。

ソーセージとパンのセット(NEW YORK KOLBASZ)。

RETES VALOGATAS アップルシュトゥルーデルというオーストリア・ハンガリー帝国に属していた地域伝統のスイーツのようです。

18世紀にハプスブルク家で人気だったとか。

そしてコーヒーとお菓子。

スイーツはアップルパイみたいでおいしそうと思って注文したのですが、かなりくどい甘さでございました。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/5a92adf4e4ee13f290dbfafdd589b0cc.jpg
高田川

コーヒーなしでは召し上がれません。

エンペラーエクスペリエンスは、以上のソーセージ&パン、リンゴのスイーツ、コーヒーが入った3点セット。贅沢な朝食となりました。

EMPEROR KAVE  エンペラーエクスペリエンス
9,000フォリント(当時のレート0.37679=3,899円)

お店の概要

そんなニューヨーク・カフェ、歴史があり、ダイハードなどの映画のロケ地やモデルになったことがあることから人気の観光地となっています。

ハンガリーの観光としてこの店の名前が出てくることもあるので、話のネタとしていくのはGood。ただ、すこしお値段は高め。食事もおいしいですが、値段から見ると普通な印象ではありました。

また、注文から食事がくるまではかなりの時間がかかりました。店内はゴージャスですが、サービス面はすこし物足りない印象です。

ニューヨーク・カフェ・ブダペスト
New York Cafe Budapest
住所:  Erzsebet krt. 9-11, 1073 Budapest, Hungary
電話:  +36 1-8866-167
営業時間:9:00~24:00
休日:  なし
予約はこちら E-mail: newyorkcafe@budapest.boscolo.com
www.newyorkcafe.hu/

◆個人的おひとり様おすすめ度:10点中3点
喋る相手がいないおひとり様にとって、食事と休憩を終えたらカフェに長居する理由はあまりありません。この店はカフェの豪華な内装を楽しみながらおしゃべりするのが一番と思います。

世界一美しいマクドナルドへ

さて、世界一豪華なカフェを確かめたことでもう一つ。

ハンガリーには世界一かっこいいマクドナルドもあるようです。

調べてみるとちょうど私が泊まるホテルの最寄り駅「ブダペスト西」駅近くにあるようなので、そのまま向かってみることにしました。

こちらは最寄り駅のNyugati Palyaudvar(ブダペスト西)駅。
駅まで美しい建物ですねえ。

そして、駅のすぐ隣にマクドナルドを発見しました!

ヨーロッパの建物は歴史を感じさせる味があって古さは見せない。かっこいいなあ。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/5a92adf4e4ee13f290dbfafdd589b0cc.jpg
高田川

日本とは違う

内観もスタイリッシュです。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/8be00c2856b9610eae9ba1c0e1d310ec.jpg
片男波

これがマックですと!?

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c7e25f3a88f702710336ef5d19fd99c0.jpg
高田川

店内もチープさがなくて、落ち着けそうな空間だったわ。

とはいってもマックはマックのメニューだろうし、カフェで食べたばかりなので食事は食べませんでした。

ご興味ありましたらみなさんはぜひどうぞ。
主要駅のひとつであるブダペスト西駅隣接なのでお出かけ前の時間つぶしにも使えそうですよ。

マクドナルド (ブダペスト西駅店)
住所:  Terez koerut 55, Budapest 1062, Hungary
電話:  +36 30 680 5002
営業時間:5:00~24:00
https://www.mcdonalds.hu/

ハンガリーには世界一がたくさん

世界一豪華なカフェ、世界一美しいマクドナルド。

それにハンガリーでは世界一美しい国会議事堂や、ドナウの真珠と呼ばれる夜景も世界一美しいと言われています。たくさんの世界一があってすばらしいですね。

しかし個人的にはもう一つの世界一がハンガリーにあると思います。

それは

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/aabf33d9b93920de1d5625f4ee064180.jpg
高田川

エスカレーターがめちゃくちゃ速い!

ハンガリーの地下鉄ホームまでのエスカレーターがとても速かったです。
世界一は言い過ぎかもしれませんが、日本では考えられないスピードでした。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c4f42cb1fcc3420a6dd7e26308d8a92d.jpg
玉ノ井

日本は高齢者に合わせてるのでしょうね

もう一つ気になったのはエスカレーター下部手前に、作動をON・OFFするためのスイッチらしきものがありまして

パッとしか見ていませんが、誰でも触れそうな様子だったのです。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/aabf33d9b93920de1d5625f4ee064180.jpg
高田川

こんなスピードのまま、誰かいたずらで押しやしないのか心配になった

私だけでしょうか・・。

そんな世界一の多いハンガリーからのレポートでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です