鹿や仏像、お寺だけじゃない!奈良県吉野郡十津川村で癒される1人旅

奈良県吉野郡十津川村で癒されよう!

奈良県のイメージを奈良公園の「鹿」や東大寺等に建立されている「仏像」「お寺」で思い浮かぶ人はたくさんいると思います。また、イメージしている場所が奈良県北部地域に集中している人も多いと思います。 

奈良県の魅力は南部地域にもたくさんあります。

玉ノ井
玉ノ井

今回は和歌山県や三重県との県境にある奈良県最南端の日本で一番大きい村で、癒しスポットとして注目してほしい地域、「奈良県吉野郡十津川村」の魅力を紹介します

十津川村と言えば「谷瀬の吊り橋」

谷瀬の吊り橋は長さ297メートル高さ54メートルからなる、日本有数の鉄線のつり橋です。

昭和29年(1954年)に地元住民の生活用の吊り橋として作られ、当時は日本一長い歩道吊り橋でした。現在は十津川村を代表する観光スポットになっています。
 

出典:Tanize Suspension Bridge by Traveloscopy

紀伊山地の山々に囲まれた場所にあり、眼下には十津川が流れている風景を見ながら吊り橋を渡るとスリル感と同時に心身に癒しを与えてくれます。
 

毎年8月4日の「吊り橋の日」に合わせて、谷瀬の吊り橋の橋上で、地元の太鼓倶楽部による太鼓演奏が行われる、「吊り橋まつり(揺れ太鼓)」が開催されます。夏に行かれる方は是非チェックしてくださいね。

施設情報
谷瀬の吊り橋
住所:奈良県吉野郡十津川村上野地
アクセス:JR 五条駅 十津川経由新宮行バス1時間50分「上野地」下車
近鉄 八木駅 十津川経由新宮行バス約3時間「上野地」下車

十津川温泉で癒されよう!

十津川村は全国で初めて「源泉かけながし宣言」をしている地域です。

源泉が豊富にある十津川村で多くの旅館や商店が集まっている温泉地は十津川温泉です。源泉はナトリウム炭酸水素塩泉。

玉ノ井
玉ノ井

湯冷めしにくく、切り傷などの外傷的な病気にも効果があるとされています

日帰り入浴ができる温泉も数多くあるので、日帰りでも、泊まってゆっくり過ごすのも良いでしょう。十津川村の自然に癒されながら、温泉でさらに癒されてください。
 

出典:CIMG2527 by senngokujidai4434

十津川村には「十津川温泉」だけでなく、「湯泉地温泉」や「上湯温泉」があり、総称して「十津川温泉郷」と言われています。十津川村でもっと癒されたい!という方は是非行ってみてください。

また、村内にある4つの公衆浴場のなかか3温泉が利用できる湯めぐり入湯券も発売されていますので、上手に活用してみてください。

施設情報
十津川温泉
住所:奈良県吉野郡十津川村平谷

「食」で癒されよう!

十津川村はこんにゃくやきのこ類等の生産が盛んです。

また、柚子もよく採れる地域で知られています。十津川で採れたあまごや鮎の川魚も有名です。

十津川温泉郷や谷瀬の吊り橋や道の駅では商店や食堂があり、地元の名産品を使った山の幸を味わうことができます。

玉ノ井
玉ノ井

お土産を買うのも忘れずに

出典:全国観光情報サイト 全国観るなび(日本観光振興協会HP)

十津川村には「ゆうべし」という名産品があります。柚子の実をくり抜いて、味噌、米粉、唐辛子、鰹節、昆布等の味噌餡をつめて蒸し、冬の風にあてて干した保存食です。

他地域で知られている「ゆべし」は和菓子として有名ですが、「ゆうべし」は薄くスライスして酒肴やご飯のお供に食べます。十津川村に来た時は是非食べてみてくださいね。

「夏は涼しくて冬は寒い」それが十津川村

出典:CIMG2566 by senngokujidai4434

紀伊山地に囲まれた地域になりますので、夏は涼しくて冬は寒いです。

都市部との気温差も大きいので、衣服は調節できるものがいいでしょう。

玉ノ井
玉ノ井

また、谷瀬の吊り橋は風が強い時は帽子やアクセサリー、スカーフ等が飛ばされてしまう可能性もあるので気をつけてください

十津川村は降水量、降雪量が多く、天候で道路が通行止めになることもあります。また、冬季は車のチェーンや冬用タイヤが必要になることがありますので注意しておいてください。

バスでぶらり旅もオススメ!

出典:十津川村HP

十津川村までは車か路線バスでの移動になります。

十津川村から近い隣街である奈良県五條市や和歌山県新宮市からでも車で約2時間あれば十津川温泉に到着します。

東京方面(羽田空港)から南紀白浜空港を利用してレンタカーを利用しても約2時間で十津川温泉に到着できます。 

私は路線バスを利用して十津川村へ行くのをオススメします。

玉ノ井
玉ノ井

奈良交通が近鉄八木駅〜JR新宮駅を約6時間かけて日本で一番長い路線バスが運行しています

谷瀬の吊り橋でバスの休憩時間があるので、慌ただしくはなりますが、休憩時間を利用して谷瀬の吊り橋に行くことができました。

また、バスは1日3本運行しているので、十津川温泉で下車して、次のバスが来るまでの時間を使って十津川温泉でゆっくり日帰り入浴をすることができます。バスから見る紀伊山地や十津川の景色に癒され、地元の方々と話しながら温泉(2ヶ所入れました)でほっこりすることができました。

「168バスハイク乗車券」があれば2日間有効で途中下車可能ですので、乗車前に購入して利用しましょう。私もこの乗車券を利用しました。

日本一大きい村で癒されよう!

出典:十津川村HP

十津川村に来れば紀伊山地や十津川の風景や温泉で日頃の疲れを癒すことができます!

私も十津川村で日頃の心身の疲れを癒すことができました。みなさんも、日本一大きい村で癒されてみましょう!

終わりに

出典:十津川村HP

今回は奈良県吉野郡十津川村を紹介しましたが、奈良県には他にも魅力がある地域はたくさんあります。

玉ノ井
玉ノ井

四季によっていろんな楽しみ方ができるのが奈良県の良いところなので、1度だけでなく、何度も行ってみてくださいね

参考資料

十津川村観光サイト
奈良交通株式会社