常設展も特別展も傑作ぞろい!おひとり様に国立西洋美術館がおすすめ

上野公園にある国立西洋美術館は、上野公園内にある西洋美術専門の美術館。日本の数ある美術館のなかでも、コレクションの充実度はトップクラス。誰もが知っているあの画家の作品も、間近で鑑賞できます。

アート鑑賞は一人でも楽しめますし、国立西洋美術館は一人で鑑賞している人も多いので、おひとり様にイチオシのスポット。西洋美術史に残る傑作をじっくりと堪能しましょう。

この記事では、国立西洋美術館の見どころをご紹介。ぜひ参考にしてください。

国立西洋美術館とは

国立西洋美術館は、1959年に発足した西洋美術全般を対象にした、唯一の国立美術館です。川崎造船所の初代社長・松方幸次郎が、ヨーロッパで収集したコレクションである松方コレクションを展示するためにつくられた美術館です。

松方コレクションは、ロダンをはじめとする彫刻作品や、モネの睡蓮に代表される絵画作品など、圧倒的な質と数を誇ります。つまり、世界的にも評価の高い傑作を、東京にいながら鑑賞できるというわけです!

美術館の建物はモダニズム建築の巨匠と呼ばれ、20世紀を代表する建築家であるフランス人建築家ル・コルビュジエの設計によるもの。なんと世界遺産にも登録されている、名建築なんです。そんな素晴らしい建物のなかで、じっくり美術鑑賞できるなんてとっても贅沢ですよね。

また、美術館内にはミュージアムショップやレストランも。美術鑑賞後は、おしゃれなミュージアムグッズを買ったり、食事を楽しんだりしてはいかがでしょうか。特にミュージアムグッズは、アートをモチーフにした普段使いできるアイテムがたくさんあるので要チェックです。

傑作の数々をじっくり鑑賞できる!常設展

国立西洋美術館で一年を通して展示されている常設展は、世界的な傑作の数々を展示しているのにもかかわらず、特別展と比べて人が少なく、いつ行ってものんびり美術鑑賞ができます。

国立西洋美術館は、中世末期から20世紀はじめまでの絵画とフランスの近代彫刻を中心に、約6000点の作品を所蔵。そのなかでの選りすぐりの作品を、展示しています。

館内が広々としているので、人混みが苦手でも安心。ゴッホの『ばら』やルーベンスの『眠る二人の子供』、モネの《睡蓮》といった巨匠たちの作品も、じっくりと鑑賞できますよ。

また、小企画展を行っており、所蔵作品のなかからテーマに沿ってピックアップした作品を展示。定期的にテーマや作品が変わるので、ぜひチェックしてみてください。見たことのある作品でも、新しい切り口から鑑賞することで、違った感想が出てくるかもしれませんよ。

また、館内だけではなく建物の前庭にも注目。19世紀フランスを代表する彫刻家であり、近代彫刻の父と呼ばれるロダンの傑作の数々を、間近で鑑賞できます。有名な『考える人』など、躍動感と深いテーマ性を感じさせる作品ばかりです。ちなみに、前庭だけの場合は入場無料なので、上野公園にいったついでにのぞいてみましょう!

海外の美術館から傑作が来日!特別展

国立西洋美術館は、特別展の内容がとにかく豪華!めったに日本で鑑賞する機会のない作品を展示したり、作品の背景を理解できる工夫がされていたりと、どの特別展も行って損なし。見ごたえたっぷりの展示を楽しめます。

展示の解説や音声ガイドも充実しており、アートの歴史などを分かりやすい説明があるため、作家や作品について深く理解できますよ。

2020年7月1日現在は、『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』が開催中!イギリスのロンドンにある世界屈指の美術館ロンドン・ナショナル・ギャラリーから、全61作品が初来日。通常は日本で見られない傑作の数々を鑑賞できる、本当に貴重な機会です。

私も見に行ったのですが、素晴らしい作品ばかりで、思わず何周もしてしまいました…!

なかでも注目なのが、ゴッホの最高傑作とされる『ひまわり』。ゴーガンとの新生活に向けて描かれたこの作品に使われたまばゆいばかりの黄色は、まるで太陽のよう。ゴッホの情熱と胸に抱いていた希望を感じさせます。間近で実物を見ると、パワーに圧倒されるばかりです。

その他にも、ターナーの『ボリュフェモスを嘲るオデュッセウス』、フェルメールの『ヴァージナルの前に座る若い女性』など、超主役級の傑作がずらりと展示されています。

現在は、コロナ対策の一環として入場制限をしており、チケットは事前予約制。そのため、ゆとりを持って鑑賞できます!

終わりに

普通の展覧会なら人混み間違いなしの傑作を、じっくり見られるので興味のある人は、ぜひこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

国立西洋美術館は、常設展も特別展も非常に充実しており、おひとり様にもイチオシのスポットです。特にアート好きであれば、楽しめること間違いなし!