波照間島は日本最南端の秘境の島!女子一人旅おすすめの宿や観光スポットは?

沖縄県石垣島からさらに船で1時間移動したのちにたどり着くことができる日本最南端の秘島、波照間島(はてるまじま)。

休日にもメールがあり、休みでもゆっくりできない!

高田川

忙しい毎日から逃げ出したい、たまにはひとりでのんびりしたい!

片男波

と感じている方も多いでしょう。波照間島は女子一人旅で訪れる人も多く、都会の忙しさを忘れてただひたすら何も考えずに過ごすには最適の場所です。

波照間島へ行ける確率は他の八重山諸島の離島へ行くのに比べるとかなり低く、離島巡りをしている人たちの間では行けることがレアな島、憧れの島と言われるほど。

玉ノ井
玉ノ井

ここでは憧れの島、波照間島へ行ったら絶対行くべきスポットをご紹介します

波照間島は人口約500人、少し歩くとヤギと出会う沖縄の中でもゆったり、のんびりとできる島。思う存分ゆっくりしたらぜひ、癒しスポットに行ってみてくださいね!

近くて遠い波照間島とは

日本で最も南に位置している有人島として知られている波照間島は、石垣島を含む複数の島が存在する八重山諸島のひとつです。

波照間島へ渡るには飛行機で石垣島へ行き、離島ターミナルから高速船で約60~90分で行くことができます。船に乗っている時間を見るとそれほど遠くは感じませんが、波照間島へ行くには一旦、船が外洋にでなければいけません。

天気が良くても風が強かったり、海峡が荒れていたりするとすぐに欠航になってしまいます。

玉ノ井
玉ノ井

船に乗れたらとても運がいいと言ってもいいですが、油断は禁物

出港できたとしても外洋はとても波が高く、窓から外を見ると波が船を飲み込んでしまうのではと思うほどです。

船酔いに注意!

乗り物酔いをしやすい人だけではなく、酔い止め薬を飲んでおきましょう。自信過剰で薬を飲まなかった人は、島についてから思う存分満喫できなくなる可能性がありますよ。

最果てのコバルトブルー!ニシ浜

波照間島といえば「ニシ浜」といっても過言ではない、絵に書いたような白い砂浜とコバルトブルーの海がお迎えしてくれるビーチです。

太陽にカンカンに照らされた砂は真っ白に輝き、海はこれでもかってくらい水の透明度が高く、水中でもかなり遠くまで見渡すことができます。

サンゴはあまり自生しておらず、小さくてカラフルな可愛い熱帯魚を見るというよりは大きな魚に出くわすことのほうが多いです。

玉ノ井
玉ノ井

また、海藻が生えているため、運がよければ海藻や藻を食べに来ているウミガメに出会えるかもしれません

海を楽しむのであれば、ベストシーズンは5月~9月頃。ただし、一人とはいえハイシーズンになると船も宿も混雑するため早目の予約が必要です。

波照間島の真夏の日差しには要注意!

また、波照間島の真夏の日差しの強さは最強クラス。

甘く見ているとやけどもの!?日焼け止めなどの対策は必須ね

高田川

島内を自分たちで観光するにはレンタサイクルかレンタバイクがメインですが、ゆっくりのんびり静かな時が流れるなか、肌が焼け焦げる音が聞こえてきそうなくらいジリジリするので注意してください。


ハイシーズンになるとそれなりに観光客はいますが、宿の数が少ないことやリスクがあるため日帰りで訪れる客も少ないためビーチの少し外れに行くと人は少なくなります。

少し海の中を覗いてみたら、コバルトブルーの海を横目に読書をする。こんな贅沢な時間は波照間島でしか味わうことができません。

一人旅でもひとりじゃない!けだもと荘

沖縄の方言に「いちゃりばちょーでー」という言葉があるのはご存知でしょうか。これは、はじめて合った人でも一度あったら皆兄弟という意味があります。

波照間島の宿泊施設のひとつ「けだもと荘」はその言葉の通りでとても親切で温かみがあります。そして旅人との出会いがたくさん。

玉ノ井
玉ノ井

スタッフの方は港へのお迎えから、時間がある時には観光名所や夕日、星空観察へと無料で連れて行ってくれることがあります

そのため、スタッフや他のお客さん同士の距離が近く、一人旅でも全く寂しくありません。旅人同士で仲良くなるなんてことも珍しくなく、リピーターも多いことで知られています。

波照間島は日常とは離れて、何も考えずにワイワイ楽しく過ごすにはベストな場所ね

高田川

もちろん宿も各室畳できれいに整頓されています。島内の宿はほとんどが民宿かゲストハウスなので、共有スペースがあります。

けだもと荘は共有スペースが広くゆっくり寛ぐことができ、旅人が自由にメッセージを書き込むことができるノートもあり、自分が来たという証を残すこともできます。

夜には宿泊者限定の参加自由のゆんたく(おしゃべりですが、みんなで泡盛を飲んで楽しみました)も行われ、心も体も癒やされる最高の宿です。

けだもと荘は下記のサイトから予約可能です。

星空観測タワー

波照間島へ行くのなら、ぜひとも見てほしいのが星空です。

絵に書いたような星の数で、まさに満天の星空という言葉がぴったり。しかも、すぐ手を伸ばせば届きそうなくらい星が近くに感じます。

波照間島と同じ八重山諸島に属している西表島の西表石垣国立公園は2018年に、日本で初めて「星空保護区」に認定されました。もちろん、石垣島や西表島で見る星空もすごいですが、波照間島は街灯などが少なくより好条件で見ることができるのです。

出典:星空観測タワー by Travel-Picture

島内には星空観測タワーがあり、天気が良ければその日の月を望遠鏡で見ることもできます。さらに観測タワーの屋上は夜空を遮るものもなく、ツアーなどに申込みをするとその日に見える星座などレザーを使って説明してくれます。

玉ノ井
玉ノ井

波照間島では全88星座あるうちの84星座を観測できます

さらに、南半球で主に観測される南十字星、通称サザンクロスの観測も可能です。南十字星は4月~6月によく見ることができますが、星は天候に左右されるため滞在に数が少ないと見られる確立は下がってしまうでしょう。

まとめ

波照間島は沖縄のゆったり、のんびりとした時間とはまた違った、癒しの時間が流れています。

日々の疲れを忘れに南国へ行きたい!と思っても、人がたくさんいたり観光ばかりでは、本末転倒よね

高田川

ビーチの日陰で大好きな本に没頭する、道路に寝転んで星空観測をするなど島でしかできない贅沢な時間を過ごすことが波照間島はできます。

玉ノ井
玉ノ井

みなさんもスポットを巡り、自分だけのパワースポットを見つけてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。