40代・50代から始めるシェアハウスのすすめ

昨今ではテレビ等のメディアによる露出機会も増え、シェアハウスやルームシェアなど「シェアする暮らし」は一般化されてきました。ただ、供給される物件やメディアで扱われる話題はやはり20代・30代の若い世代を対象としたものがほとんどです。

安下宿のイメージがあったゲストハウス時代の昔と違って、既存のシェアハウスでも40代~60代前半くらいまでの見学者さんや入居者さんは徐々に増えてきました。

結婚する方が減り、離婚される方も増えてるから、生涯を通したおひとりさまは今後ますます増えるはずね

高田川

玉ノ井
玉ノ井

そんなことから40代以上の方々を対象としたシェア物件がますます必要になってくるものと感じているよ

今回は40代・50代の方々がシェアハウスを検討するにあたって考えておくべきことを記事にしたいと思います。

私たちはシェアハウスに住んだ経験を生かして、初めてシェア物件への引越しを検討する方のサポートや自分でシェアハウスやルームシェアを開業したい方のサポートを行ってきました。みなさまの新しいチャレンジを応援できればと考えておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

40代・50代でもシェアハウス?

シェアハウスやルームシェアは若い世代だけのもの、そうしたイメージがあります。40代、50代はシェアハウスやルームシェアを検討すべきなのでしょうか?

わたしは40代以上の方だからこそ検討すべきと思うわ。楽しいもの!

高田川

周囲では家族を持つ方、仕事で遠隔地に行く方もいて、年齢を重ねるにつれて普段会う人や友達は減り、新しい出会いの機会も減るのが普通です。

逞しく独身一人で生きることができる人もいる一方、話す人が減って孤独を感じたり、寂しい気持ちを募らせて心を病んでしまう方もいるだろうね

片男波

今は大丈夫でも「このまま一人でいいのだろうか?」と将来に漠然とした不安を感じる単身の方も多いと思います。

シェアハウスには仕事や友達などこれまでのつながりと一切関係のない、いろんな地域・国・世代の方が集まります。

玉ノ井
玉ノ井

職場や家族、友人関係では話しにくいことも、何のわだかまりもない関係性のシェアハウスメンバーなら気軽に話せ、楽になることもあるね

誰かに話すということが一番の薬であることも多いです。

程よい距離感がいいシェアハウス

また、話したくないときは話さない選択ができることもシェアハウスのメリットです。ハウスのレイアウトにもよりますが、きちんと導線のとられたシェアハウスであれば、誰とも顔を合わさず個室へ行くことができます。

玉ノ井
玉ノ井

疲れて帰ってきた時はすぐに自室へ、今日は予定がなく誰かと話したいと思った時は共用部のリビングへ行く、そういった選択がとれるのです

ただ、戸建てのハウスに多いけど、誰かがいるダイニングやリビングを通らないと部屋に入れないシェアハウスは要注意ね

高田川

若いころと違って、親のことや仕事のことで多くの問題と悩みを抱えるのが40代・50代の世代。この世代だからこそ、誰かと気軽に話すことができるコミュニティが必要であり、シェアハウスを検討すべきと感じています。

友達にスマホで連絡するほどでもないような些細なことでも話しやすいんだよね、シェアハウスは

片男波

シェアハウスとルームシェアの違い

ここで改めて、シェアハウスやルームシェアについてご説明します。

シェアハウスやルームシェアとは、一つの住居を家族ではなく、他人と一緒に住む暮らし方です。固く言うと共同居住型賃貸住宅です。

ルームシェアとシェアハウスの違いですが、どちらもはっきりとした定義がない為に説明するのは難しいですが、大きな違いの一つは所有者である大家さんとの間に運営事業者が介在するかしないかという点と言われています。

ルームシェアは事業者が存在せず、大家さんと居住者の一人(若しくは居住者全員)が賃貸契約を直接行った上で、友達や知人の複数人とシェアして住むスタイルが多いね

片男波

ルームメイトと家賃を折半すれば都心の駅近物件や広いお部屋に住めたり、一人暮らしでは候補に入らなかった物件も選択肢として広がりますが、自分たちでルールを決めたり、備品の購入や掃除を行う必要があります。

一方、シェアハウスの多くは、大家の間に事業者が存在し、その会社が決めた設定やルールの下で住むことになります

高田川

掃除や消耗品購入、ルール設定など面倒なことは事業者が行うので楽な反面、間に会社が入るので家賃が高い物件もあります。

玉ノ井
玉ノ井

事業者が入っても、掃除や消耗品購入は入居者分担制の場合もあるので問い合わせ時によく確認するといいですよ

メディアでは、事業者が入らず友達同士のルームシェアもシェアハウスと呼ぶケースがありますし、ルームシェアであっても事業者が間に入るケースもあり、はっきり統一されていません。そのため、上記説明は多くの場合における認識ということでご理解ください。

シェア生活に必要な心構え

シェアハウスを検討する際に、持たないといけない心構えがあります。それは自分とは異なる環境で育ってきた方々と住むこと。シェアメイトやルームメイトは、家族ではない他人です。

玉ノ井
玉ノ井

家族に甘えていたことをそのままシェアハウス出してしまうと、トラブルにつながることもあるよ

家族では、それぞれの役割があり、家事をしない人も存在します。しかし、シェアハウスやルームシェアでは、お互いに独立した個人同士です。それぞれに職業があり、生活があるため、自分のことは自分で行うことが必要です。

年齢制限のあるシェアハウスと若い世代とのトラブル

一部のシェアハウスでは年齢制限があります。ハウスや事業者の方針によって異なるため一概には言えませんが、20代限定、~27歳まで、~30歳まで、~35歳まで、などの年齢制限を設けているハウスを見かけます。

玉ノ井
玉ノ井

それぞれ理由は様々あるでしょうが、多くはトラブルを避けるためのようね

若い世代は相手に合わせて柔軟に対応したり、間違ったことがあっても事業者側が注意をすることで修正するケースが比較的多いという判断みたい

片男波

確かに年齢を重ねると、生活環境を変えるのは簡単ではないかもね

高田川

お局様と呼ばれるような存在になったり、自分に都合のいいルールを設けたり、若い人が委縮して何も言い返さずに退去してしまうことがあったりなど、事業者にとっては扱いづらい存在になることがあるようです。

玉ノ井
玉ノ井

若くても問題ある人はいますし、40代~60代の方でも柔軟に合わせられる人はいるんだけどね・・

個人的には年齢だけで判断するのはよくないと感じていますが、トラブルの確率が高いという判断で、いくつかの事業者が年齢制限を設けているのです。

40代・50代のシェアハウスは難しいのか?

それでも私は40代、50代のシェアハウス暮らしが難しいとは思いません。

今は20代・30代の入居者が多いですし、どうしても事業者もその層をターゲットとしたシェアハウスづくりを行っています。

40代には40代の、50代には50代に合ったシェアハウスを作ることが大切と思います。世代を近づけ、その世代をターゲットとしたシェアハウスづくりを行えばいいシェアハウスになると信じています。

終わりに

今回は40代・50代から始めるシェア生活についてお話しました。

現在はまだ20代・30代のシェアハウス、ルームシェア物件ばかりで、タイトル通りおすすめする環境にはありません。しかし、40代以上の方にとってコミュニティが大切なことはご理解いただけたと思います。

玉ノ井
玉ノ井

そこで、もしこのページをご覧になり、ご興味のある40代・50代の方がたくさん集まったなら、私たちがハウスづくりを進めていこうと考えています

40代、50代の世代限定シェアハウスにご興味がある方、またはこの理念に共感いただき住居をご提供いただくことを検討いただけるオーナー様がいらっしゃいましたら、ぜひ私たちまでご連絡下さい。

いいメンバーさえ集まれば40代以上だって楽しくシェアハウスで暮らすことが可能ですよ

高田川

まだ、アイディアだけなので具体的なハウスが存在するわけではありませんが、長い目で検討いただける方がいらっしゃればぜひ一緒に取り組んでまいりましょう。

玉ノ井
玉ノ井

ご興味のある方は、下記フォームよりご連絡ください

※フォームの入力を終えましたら下記の「確認」に
チェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

確認