外出自粛で暇な今こそ女子力アップのチャンス!失敗しないお菓子作りの方法とレシピ

「趣味はお菓子作り。」女子力の代名詞のようなこの台詞、口にしてみたいと思ったことはありませんか?

とは言っても、仕事を始めれば時間がない、他に興味が色々あって出かけたい、などの事情もあって、お菓子作りを思い立つのは、クリスマスかバレンタイン、という方も多いはずです。

そこに巡ってきたこの外出自粛や自宅待機のまさかの事態。

ついつい気分は滅入りがちですが、ここは一つ、今まで磨きそびれていた女子力の一大要素、お菓子作りの腕を今こそ向上させて、甘い香りに癒やされつつ、自粛が終わる頃には友人知人に手作りお菓子をプレゼントしてビックリさせてしまいましょう。

玉ノ井
玉ノ井

色々面倒なイメージのあるお菓子作りですが、物ぐさな私の編み出した洗い物を最低限で済ませられる失敗知らずな方法とレシピをご紹介します

ブルーベリーマフィン、シフォンケーキなど、どちらも作れるようになれたらちょっと鼻が高い気分になれませんか?

ワンボウルで失敗知らずのブルーベリーマフィン

海外レシピを参考にしたものなので作り方がとてもおおらかで細かい作業もありません。なんと薄力粉まで計量カップで済ませられる自由さです。

材料

  • 薄力粉 180ml
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • 砂糖 50ml
  • 塩 ひとつまみ
  • 卵 1/2個
  • 牛乳 60ml
  • サラダ油 30ml
  • 冷凍ブルーベリー およそカップで120m

作り方

  1. 卵を軽く混ぜたら、牛乳、サラダ油を加えかき混ぜ、残りの粉類全部を入れよく混ぜる。
  2. 冷凍ブルーベリーを加え軽く混ぜたらマフィン型にスプーンで入れる。(型は百均で入手できます。)
  3. 200度に予熱したオーブンでおよそ20〜25分、爪楊枝で真ん中を刺してみて何も付いてこなくなったら完成です。
    (予熱は大体で構いません、予熱し忘れても焼き時間を多めに取れば大丈夫です。)

およそ4〜5個分、甘さも控えめになっているので朝ごはんにもなりますよ。加えるフルーツも冷凍マンゴーや冷凍ミックスベリーなど好きな冷凍フルーツでアレンジ自在です。

洗い物を最低限に抑えてふんわりシフォン(ミルクor豆乳風味)

シフォンケーキは難易度が高いイメージの方が多いことと思いますが、ひたすら泡立てること、これさえ守れば誰でもふわふわシフォンが味わえます。洗い物も最低限で済む手順になっています。

材料

  • 卵 4個
  • 薄力粉 80g
  • 砂糖 25+25で50g
  • 牛乳or豆乳 60ml
  • サラダ油 大さじ2

作り方 

  1. 大きめのボウルに卵黄、普通サイズのボウルに卵白となるように分ける。
  2. 卵白を電動泡立て器でひたすら泡立てしっかりとふわふわ感があり角が立つくらいになったら25gの砂糖を加え、締めの泡立てでさらにふわふわにする。
  3. 卵黄の方のボウルに25gの砂糖を加え、2で使っていた電動泡立て器をそのまま利用して白っぽくとろみが付くまで混ぜ、サラダ油を加えて軽く混ぜる。
  4. 3のボウルに薄力粉を振るい入れ、2のメレンゲの1/3量位を加えて電動泡立て器で混ぜる。(この時、粉の飛び散りに注意なので、泡立て器のスイッチを入れる前に軽く全体をなじませてからのほうが安全です。)
  5. 4に残りのメレンゲを加え、ここからはゴムベラで下からすくい上げるようにまぜる。(馴染んだらそれで大丈夫なので混ぜすぎに注意です。)
  6. 型に流し込み少し高いところトントン20回程落として空気を抜いたら、170度に予熱したオーブンで45〜50分焼く。(こちらも型は百均でも入手可能、予熱もし忘れていたなら焼き時間を長めにみれば大丈夫です。)
  7. 焼き上がったら即上下を型ごと逆さにして、焼き縮みを防ぎ冷めるまでそのままにする。冷めたら型から外せば完成です。

☆方に流し込む前に生地がしぼんできているような不安があるなら、その時点でベーキングパウダーを小さじ1/4〜1/2加えればリカバリーが効きます。

こちらも甘さは控えていますので甘いほうが好みな方は砂糖を合計30g程加えると良いです。ご高齢の方たちにはパン代わりに良いという評判をいただいているので、ジャムなどを添えた食べ方も楽しめます。

またこちらは牛乳や豆乳を加えていますが、それをココアや紅茶、コーヒーなどに置き換えてもまた違った風味が楽しめます。

一度にホールでできても、と心配の方もご安心下さい。切り分けラップに包んでジップロックに入れれば、冷凍保存も可能です。

まとめ

外出できない、楽しみが減った、先が見えない、一人暮らしだと余計に不安を募らせることもあります。

その不安な気持ちを甘い香りで少し和ませてみませんか。オーブンの中でだんだんと膨らむマフィンやケーキを見つめるていると、子供の頃のようなウキウキした気分が戻ってきます。

そして作ったお菓子の甘みが口の中に広がればちょっぴり幸せな気分になること間違えなし。

玉ノ井
玉ノ井

大事な友人知人に味わってもらう日を楽しみにお菓子の腕をこの機会にアップさせてみましょう