タイの水掛け祭り「ソンクラーン」を女子一人旅で楽しむ方法!2020年日程・時期はいつ?

「タイの水かけ祭り聞いたことあるけど、どんな雰囲気なの?」
「水かけ祭りはどれだけ濡れるの?」

私も参加する前まで、どれだけ濡れるか想像もつきませんでした。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c7e25f3a88f702710336ef5d19fd99c0.jpg
高田川

今回は、タイで行われている水かけ祭り“ソンクラーン”を楽しむための方法をご紹介しますね

記事を読み終わるころには、“ソンクラーン”に参加してみたくなっているはずです。では、さっそくご紹介していきます。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c4f42cb1fcc3420a6dd7e26308d8a92d.jpg
玉ノ井

尚、2020年はコロナウィルスの影響で7月以降に延期が決定したそうです

“ソンクラーン”とは

ソンクラーン

“ソンクラーン”とはタイの旧正月を意味します。

タイの旧正月ではもともと仏像や年長者などの手を清めるために水をかけるという風習がありました。ただ1年で1番暑い時期であったことなどから、街中の通行人同士で水を掛け合うようになり、現在の「水かけ祭り」のような形になったと言われています。

現在では、旧正月の時期に各地でイベントが行われていて、水鉄砲を持った多くの人々が水をかけ合って楽しんでいます。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/aabf33d9b93920de1d5625f4ee064180.jpg
高田川

世界中から「水かけ祭り」を目的に観光客が押し寄せるほどです

タイの旧正月は政府によって4月13日、14日、15日に固定されていて、毎年この3日間は祝日になっています。

水かけ祭り“ソンクラーン”が楽しめる場所

水かけ祭りのソンクラーンはタイ全土で開催されています。

その中でも観光客に人気の場所や、盛り上がっているおすすめスポットは以下の場所です。

  • バンコク(カオサンロード・シーロム・サイアムなど)
  • パタヤ
  • アユタヤ
  • チェンマイ
  • プーケット

実際に“ソンクラーン”を体験した感想

ソンクラーン

実際にバンコクでソンクラーンを体験した感想は、「想像以上に楽しかった!」です。

街のあらゆる人が水鉄砲をもっていて、躊躇なく水をかけてきます。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/dea8550097c3da79a7f9f18110899c4b.jpg
高田川

初めは化粧がとれることを心配していましたが、すぐに化粧のことなど忘れるほど全身ずぶ濡れになりました

街中の人が子供に戻ったかのような笑顔とはしゃぎっぷりで、参加している人はみんな楽しそうでした。

ただ、参加する際には濡れてもいい覚悟と、貴重品などを水から守る準備が必要です。

ソンクラーンを楽しむために必要な5つの物

ソンクラーンを楽しむために必要な物がいくつかあります。

全身ずぶ濡れになるので、「携帯が水没してしまった」とならないためにも防水グッズは欠かせません。是非、参加する前は事前準備をしっかりしていきましょう!

ここでは日本から準備した方がいい、ソンクラーンを楽しむために必要な物をご紹介します。

水着

ソンクラーン中は、街のどこで水をかけられるかわかりません。
そのため濡れてもいい服で移動するのはもちろん、水着の着用は欠かせません。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/5a92adf4e4ee13f290dbfafdd589b0cc.jpg
高田川

服が水で濡れて下着が透けてしまう可能性があるので、 女性の場合は水着の着用がおすすめです

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c4f42cb1fcc3420a6dd7e26308d8a92d.jpg
玉ノ井

誰も望んでないから気を付けないとだね

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/aabf33d9b93920de1d5625f4ee064180.jpg
高田川

やかましい

防水バック

濡れてもいい対策の1つに、防水バックの持参をおすすめします。
防水バックは貴重品や濡れて困る物を守ってくれるマストアイテムです。
タイでも購入できますが、商品精度は確かではないので日本から持っていきましょう。

ジップロック

防水バックだけでも不安な方は、ジップロックを使うことをおすすめします。
万が一、バックの中に水が入ってもいいよう、1つずつジップロックに分けて持ち運びましょう。私は財布を持たず、ジップロックにお金を直接いれていました。

ゴーグル

ゴーグルは目を守るために必要なアイテムです。
容赦なくかけられる水は、かなりの確率で目に入ります。

そしてコンタクトを使用している方だと、コンタクトが取れてしまうこともあるので注意が必要です。そんなハプニングを避けるためにも、ゴーグルがあると安心ですよ。

防水シューズ

水かけ祭りに参加する際は防水シューズがおすすめです。
ビーチサンダルなどはケガをしやすく危険です。

とくにイベント開催中は街の至る所に水たまりができ、ゴミなどで足を切ってしまう可能性があります。しっかりと足を守れる靴がおすすめです。

以上5つのアイテムがあれば、水かけ祭りを安心して楽しむことができます。
水かけ祭りの必須の水鉄砲は現地調達できるので、日本から持っていく必要はありません。

祭りの開催期間中は、スーパーなどですぐに購入できます。

ソンクラーンで気をつけたい注意点

ソンクラーンに参加する際、気を付けてほしいことがいくつかあります。
以下にまとめたので参考にしてみてください。

スリに気を付けてください!

イベント開催時期は、人の数も多くかなり賑わっています。人との距離が近い分、貴重品はきちんと守りましょう!

また大切な物はなるべくホテルに置いて出かけることをおすすめします。

トゥクトゥクに乗ると水をかけられます!

「トゥクトゥク」はタイで有名な移動手段の1つである、三輪バイクタクシーです。
ソンクラーン開催時期に「トゥクトゥク」に乗ると必ず水をかけられます。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/aabf33d9b93920de1d5625f4ee064180.jpg
高田川

信号待ちや通りすがりなど、ここぞとばかりに狙われます。

濡れたくない方は「トゥクトゥク」に乗ってしまうと大変なことになるので注意してください。

風邪を引かないようにしてください!

ソンクラーンの3日間、街はお祭り騒ぎです。
外に出てから、ホテルへ帰るまでずっと水に濡れた服装で移動することになります。

ずっと濡れたままだと風邪を引いてしまう可能性もあるので注意してください。

また、タイのショッピングセンターやレストランなどかなりエアコンが効いていて、寒いです。濡れた服のままエアコンの効いている場所へ行くのはなるべく避けましょう。

風邪薬をもっていくと安心ですよ。

一度は体験してほしい水かけ祭り“ソンクラーン”

ソンクラーン

タイ全土で行われている水かけ祭り“ソンクラーン”は、想像を超える楽しい祭りです。これほど大規模で知らない人と水をかけ合う経験は、ソンクラーンでしかできません。

街中に笑顔があふれ、幸せな気持ちになること間違いなしです。

https://jfv.jp/wp-content/uploads/2020/02/c7e25f3a88f702710336ef5d19fd99c0.jpg
高田川

ぜひ、みなさんも一度タイのソンクラーン祭りに参加してみてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。